NLPファシリテーション

NLPトレーナーズトレーニングコース

最新情報 1: 本コースの申し込み受付は終了しました。

最新情報 2:  2012 年度第 3 期トレーナーズトレーニングコースの開催日程 (2012 年 9 月 29 日 - 12 月 16 日) と会場 (中野サンプラザ) が決定しました。 

第3期NLPインテグラルアソシエーション認定トレーナーズトレーニングコース(10日間)


唯一の日本人開催の NLP トレーナーズ トレーニングコース

NLPが欧米ほど浸透していない国内において、NLP四天王すべてを完全モデリングし凝縮した形で、エッセンスを伝えるトレーナーズ トレーナー北岡泰典。NLPトレーナーとして必要不可欠な基本プレゼンテーションを伝授し、コース修了者が NLP業界で『本物のNLP』を教えていけるノウハウを授けます。

さらに、コース修了者には、主にバンドラー派、グリンダー派、ディルツ派が乱立しているように見える現在の国内のNLP市場において、これらの派閥を止揚統合する形での「統合的NLP」を教えることができる唯一のNLP団体の認定コースを開催する権利が与えられます。

原則的に北岡のプラクティショナーおよびマスター プラクティショナー コースの修了生を対象としていますが、「国内のNLPトレーナーのレベルを底上げしたい」という強い想いから、他団体のマスター プラクティショナー コース以上の修了生も歓迎します(トレーナーコース修了生に関しては特別割引制度あり)。必要に応じて北岡のプラクティショナーおよびマスター プラクティショナー コース内容を習得する「補講ワークショップ」の受講体制を整えています。


【開催概要】

スケジュールおよび会場:第3期
第1モジュール: 2012年  9月29日、30日
第2モジュール:     10月13日、14日
第3モジュール:     10月20日、21日
第4モジュール:     12月  1日、 2日
第5モジュール:     12月15日、16日

* すべて、土日 10:00 ~ 18:00 までの時間帯です。
*日程その他の条件が変更する場合もあります。予めご了承ください。

講    師 : NLP トレーナーズ トレーナー 北岡 泰典

受 講 料 : 通常価格 1,000,000円 (特別に、税込価格といたします)

* 分割払い/クレジットカードお支払いがご希望の場合は、ご相談に応じます。

定   員 : 20名

予定実施会場 : 中野サンプラザ

参加資格 : NLPマスタープラクティショナーの資格をお持ちの方(どちらの団体で取得したものでもかまいません)。
本コースへの編入者 (すでに他団体でトレーナーズ トレーニング コースを学ばれた方) については、参加費割引制度があります。詳しくはNLPインテグラルアソシエーションにお問い合わせください。

修了者にはNLPインテグラルアソシエーションNLPトレーナー認定証を発行いたします。


【講師・北岡泰典】

国内のNLP業界の第一人者としての評価を受ける北岡は、これら背景を元に、コース参加者の「プレゼン」スキルの徹底的開発のための技術を惜しみなく開示します。

<トレーニング バックグランド>
* NLP共同創始者ジョン グリンダーからのプラクティショナー & マスター プラクティショナー認定 (1988年 & 1989年)
* NLP共同創始者リチャード バンドラーからのトレーナー認定 (1995年)
* NLPユニバーシティのディルツとディロージャからのトレーナー認定 (2002 年)
* NLPユニバーシティのディルツとディロージャからの NLPU コース開催資格認定 (全世界で 21 名) (2002 年)
* 国内でのグリンダー認定トレーナーズ トレーニング コースのコーディネート (2006年 & 2007年)

<トレーニング実績>
* プラクティショナー資格コース開催、計 22 期 (東京、大阪、福岡)
* マスター プラクティショナー資格コース開催、計 14 期 (東京、大阪)
* トレーナーズ トレーニング資格コース、計 2 期 (2008年、大阪および 2009 年、東京)

 

* * * * * * *


【参考情報: 昨年度プログラム内容】

以下に第1期トレーナーズ トレーニング コースのプログラム概要を記します。

以下の 1) から 12) までの項目の各プレゼンテーション スキルとテクニックが、前半の第1モジュールから第3モジュールまでの6日間で完全習得されます。その後、後半の第4モジュールと第5モジュールの4日間では、実践的なグループ プレゼンテーション演習が複数回行われ、前半で学んだ各プレゼンテーション スキルの「徹底的落とし込み」が図られます。

言ってみれば、「ジャグリング」技能の習得の場合のように、コースの前半部でのプレゼンテーションのための各テクニックが、細分化された学習可能な形で提示され、習得されます。後半部では、これらの細分化されたテクニックをすべて統合する形で、プレゼンテーション全体が実践を通じて磨きあげられます。

なお、以下の情報は、あくまでも、第1期トレーナーズトレーニングコースの内容であり、第2期コースの内容は、若干変更される可能性があります。

1) グリンダー式プレゼンテーションの8手順

2) SRCF/C 能力の完全習得
      S: 状態管理 アンカーリング
      R: ラポール (交差)ミラーリング/整列/表出体系のマッチング
      C: カリブレーション V/A/K、眼球動作、述語/表出体系の重複
      F: 柔軟性 知覚ポジション変更
      C: 首尾一貫性 心身論理レベルの整合

3) バーバル パッケージ
      特に「どの~(名詞)」 vs 「どのような、どんな~(名詞)」の違いの実験

4) 周辺視野能力と内的対話をなくす能力の開発演習

5) 集団ラポールの取り方/難しい生徒の相手のし方

6) エリクソン催眠技法 (リンク付け、前提、埋め込み命令、アナログマーキング、
      ネスティッド ループ、メタファー、パターン中断、介入/活用等)

7) NEW コードNLP
      意識/無意識 (無意識とのコミュニケーション用の信頼できる自発的シグナル)
      意図/結果モデル
      三重記述

8) 聴衆の無意識的反応をコントロールする「シャーマニスティック NLP」的技能の習得

9) 構造化したフィードバック ループ

10) コースデザインモデル

11) NLP プラクティショナー レベルの最小限必要パターン リスト

12) 自分自身のプレゼンテーションのビデオ検証

(※なお、講義・演習内容は、当日の条件と状況に応じて、一部変更または割愛される可能性のあることをあらかじめご了承ください。)

 

本コースに興味のある方は、以下のページからお問い合わせまたはお申し込みください。

ビジネスコーチング申し込みへ